交通事故を起こしてしまったら?示談交渉テクニック!

車を運転している方であれば、誰でも運転には集中しますよね。

しかし、場合によっては、交通事故を起こしてしまうこともあります。

誰だって事故は起こしたくないものです。

今、このページをご覧になっているのであれば、もしからしたら、
事故に遭われて、色々と情報を探している方かもしれませんね。

では、交通事故に遭ってしまった時の対処法など、どうすればいいか、
具体的に紹介しておきます。


もしも、交通事故に遭ってしまったら?

もし万が一、あなたが交通事故に遭ってしまった時は、どのような処理や
対処をすればいいのかご存知だったでしょうか。

交通事故の規模の大小に関わらず、警察を呼んで
立ち会ってもらったりして、怪我の程度が酷いようであれば
救急車を呼ぶ必要があります。


特に身体に問題がなく、損害を感じなかった場合でも、とにかく、
警察に連絡することが大切と言えます。

交通事故に遭ってしまうと、大抵の人は冷静では、いられなくなりますよね。

交通事故に遭ってしまった恥ずかしさや緊張感などから、出来るだけ
その場を早く逃げ出したいという気持ちになることもあるでしょう。

しかし、その時には、痛みを感じなくても後で落ち着いてから怪我や痛みに
気がつくこともあるのです。

警察を呼ぶと、加害者の情報を収集してもらえるでしょうし、交通事故に遭った
ことを証明することが出来ますよね。

念のために書いておきますが・・・

車の事故の場合では、警察に連絡するのは法律上の義務となっていて、
当事者同士の示談などで通報せずに済ませたりしてはいけません。


警察を呼んだら、安全を確保して、なるべく事故の現場を保存するようにして
おきます。

なるべく警察が来るまでの間に、加害者の車のナンバープレートを確認して
メモを取るようにし、出来れば運転免許証や車検証、保険証などを見せて
もらって、住所や氏名、連絡先を記録しておくといいでしょう。

警察の検証が終わり、体に異常を感じなくても、念のために病院へ行き
診断書を作成しておきます。

自賠責保険や任意保険を使う場合では、交通事故証明書の取得が
必要不可欠になります。

交通事故証明書というのは、交通事故が起きた時点で警察に通報して
いなければ発行されませんから、加害者が通報しないようなら被害者である
あなたが通報するようにしてください。

先ずは、警察を呼ぶということを忘れないでくださいね。

軽い接触事故の場合などでは「警察署まで来てください」と言われる
ケースもあります。

ですが、事故をした相手が、何かしら怒っているようであれば、
その旨を警察に伝えて、出来るだけ事故を起こした場所に来てもらうように
するといいでしょう。